家庭用脱毛器を使う前に知っておきたいトラブル

脱毛によるトラブル

脱毛方法を間違っている方は、トラブルが起こる可能性があります。
家庭用脱毛器を購入したけどちゃんとした使用方法を守らなくてトラブルになるケースです。

 

 

脱毛によるトラブル

 

 

毛膿炎

毛膿炎とは、ムダ毛処理を行った後に毛穴からバイ菌がはいり化膿することをいいます。
赤みや腫れなどが起こり化膿している状態をいいます。

 

通常は放置していると直りますが、炎症がひどければ病院へ行くことをお勧めいたします。

 

 

埋没毛

埋没毛とは、カミソリで毛を抜いたり剃ったりした後にまた毛が生えてきて皮膚の中で毛が発生する事です。
毛が途中で切れた状態で、皮膚の中で成長するので、あまりよくありません。
一般的には問題が無いと思われますが、ひどい時は病院へ行ってください。
一番多い脱毛トラブルは埋没毛です。

 

 

皮膚の赤みやむくみ

脱毛器の光により皮膚が軽い炎症を起している事です。
脱毛器の種類やエステサロンなどの施術のどちらでも発生します。肌との相性もあるので脱毛器を使う場合はレベルを下げましょう。
脱毛の部位による違いもあります。デリケートな部分は特に気をつけましょう。

 

 

増毛や硬毛化

脱毛をしているにも関わらず、まれに毛が濃くなる方がいます。
背中やうなじなどに発生する症状になりますが、原因は特定されていません。
その場合は医療機関で脱毛をされる事をお勧め致します。

 

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛といえばエステで問題になる場合がありますが、
家庭用の脱毛器では、照射レベルを引く設定していればほとんどが問題ありません。
レベルを上げて照射する場合は十分に理解をして使用するように心がけてください。

 

日焼けをしている人などがレーザー脱毛をしてやけどになるケースもあります。
これは色素沈着のせいで起こります。

脱毛によるトラブルを回避するにはどうすればいいの?

脱毛によるトラブルが発生しています。
エステに通っていても脱毛器を使っても同じような事が起きたりするので気をつけましょう。

 

 

脱毛により多いトラブルは熱傷です。
特にレーザー脱毛に多いとされています。
光を照射すると肌の水分が飛んでしまい乾燥が酷くなる方がいます。
また乾燥だけではなくて日焼けしたみたいになる方もいて、そのような方は施術ができない事があります。
仮に脱毛がでても保湿が無い方は照射レベルを落として脱毛をしなければいけませんので長期にわたり脱毛をしなければいけないのでご注意ください。

 

 

毛膿炎や埋没毛などの他にも、脱毛トラブルで多いのは脱毛自体を体感できないことです。
せっかく高価な脱毛をやっても個人差がありその効果が見込めない方もいらっしゃいます。
脱毛効果を感じることができないと途中で辞める方もいて、エステに通っている方の中にはトラブルになる方もいます。
お気持ちは解りますが、照射後ムダ毛がだんだんと細くなり、その後毛が生えなくなったらOKです。
そこまで頑張るしかありません。
自分で脱毛器を使うと自分のペースでできるのですが、予約がいっぱいだとスケジュール管理が大変です。またカミソリで長年処理をしていると肌が黒ずんでくるのでご結婚されていない方は特に脱毛器をお進めます。

 

脱毛器を使って自宅脱毛をしたい人に見て欲しいサイトTOPへ